サイトメニュー

メールマガジン 登録・解除

店長コーナー

東孝行

1959年 香川県高松市生まれ
1981年 東京農業大学農学部卒業
1981年 香川県農業試験場府中分場勤務
1985年 (有)カネア入社
公的取得資格 香川県農業改良普及員(香川県で取得)
一般毒物劇物取扱者(香川県で取得)
教員免許資格(一般)
スポーツ 柔道二段
メタボ対策で今、マウンテンバイク(自転車)で通勤してます。無駄な努力だと皆に言われています・・・頑張り・・ます・・

店長日記はこちら

モバイル

Feed

安心安全な日本産の園芸用土 千の土【20リットル】

みなさんは古くなった園芸土をどうしていますか?昔は海や山に簡単に捨てることができた土も、今は難しくなっています。

そこで土職人は、プランターの土をもう一度使えないかと考え、「簡単で便利に」「安心・安全に」という前提のもとに【千の土】を作り上げました。

そして私たち土職人、は中国・四川省だけで採取される「泥炭」に目をつけ、これを絶妙の割合で配合した土を作り上げました。種蒔きも花苗・野菜苗も、新しい土と変わらぬ成長を実感していただけます。

土壌改良材として泥炭を配合。生命力のある土壌が古い土を甦らせます。
生命力のある土壌「泥炭」を改良材として配合、新しい土と変わらない植物の成長を感じていただけます。
【泥炭とは】

温地帯は養分も豊富でさまざまな水生生物が繁殖しています。その遺骸が堆積したものが泥炭と言われています。
泥炭の堆積は1年に1ミリにもなりません。葦や菅やミズゴケも混じって堆積し、現在4〜5mの泥炭層を形成していますが、その育成の速度からして、数万年がかかっていると推測されています。
誰も住んでいない奥深い山や湖に囲まれた土地で、自然のままに四季を繰り返していく「自然力」を持った土壌が「泥炭」です。日本では「尾瀬湿原」「雨竜沼湿原」が有名です。



開発のコンセプトは“簡単・便利”そして“安心・安全”な土です。
使い方はとても簡単です。古くなった土「5」に対して、千の土「1」を混ぜるだけです。
元気のない植物には、土の上にふりかけるだけで復活します。
100%有機原料を配合しているから、安心してお使いいただける安全な土です。


土を捨てることが困難な方も、古い土をそのまま再利用できます。
マンションやアパートのベランダや、街中でのガーデニングなどで、古くなった土の捨て場所にお困りの方でも、【千の土】を古い土に混ぜるだけで再利用できます。もう土を捨てる必要はなくなります。